マングローブはまだまだ続く

以前こちらにて津田沼にあるメンズエステ『マングローブ』が閉店危機にあるようなことを記事にしました。ところがどっこい、しぶとく生き延び続けていることが判明したのです。いやさすがにあの状況ではいつ潰れてもおかしくないだろうと思っていたのですが、毎日ではないにしても営業しているのです。しかもちらほら新人が入っている模様。これはいったい何が起きているのだろうか?

これはやっぱり行ってみるしかない、と思ったので突撃取材してみました。相変わらずの怪しいビルの怪しい部屋。きっとベタベタのガチオイルを塗られるんだろうなぁ、風呂の扉はヒビが入ったまま放置されているんだろうなぁ… そんなことを考えながら訪問。対応したセラピストは何というか、普通に会社とかにいそうな冴えない感じの女性だった。ただおっぱいは服の上からわかる巨乳さ。

都内のお店をいくつか面接に行ったもののことごとく落ち続け、その中のとある店長が「知人のお店でちょっと遠いけど行ってみる?」と勧めたのが津田沼マングローブなのだとか。確かに時間あたりの稼ぎは都内のお店と比べて圧倒的に少ない。ただ老舗なので抱えている累積客数は多いし、女の子不足なので入ればそれなりに引き合いはあるはずと。客がつくかどうかが最も大切なことだしね。

シャワールームに辿りついて驚いた。例のヒビがすっかりなくなっていたからである。もっと早く直せばよかったのになぁ。そして教育係の影響なのかシャワー後のフキフキアシストがデフォになっていた。身体の前面になるとしゃがんでアシストするので、あたかもこれからフェラチオされそうな感覚に陥り不覚にも反勃起状態に。確かこれやるのって以前も一部セラピストだけだった記憶が。

そしてオイルが水溶性アロマオイルに変わっていた。どうやらこの業界ではトップシェアのものなんだとか。と言っても狭い業界だからトップも何もないと思うのだけど。レジェンドもついに近代化への道を歩み始めたのですな。かつて有名な嬢が在籍し、マングローブの分家との噂が絶えない船橋の『ガネーシャ』は未だガチオイルらしいですが。あれ股間に違和感を抱えたまま帰るんだよね。

マッサージがうまいわけでもなく、トークにエロさがあるわけでもない。ただ脚が適度な肉付きですごくきれいなのとパンツがよく見える。聞けば普段あまりこういう丈のスカートを穿くことがなく、所作振る舞いがわからないのでついついパンツをみせてしまうのだとか。そして見えているパンツは純白で、いかにもこういうお店に慣れていないのがわかる。それがまた妙にそそるのであるが。

サービスはというと意外にも安定していた。どうやら前からこのお店のシステムを知っている人なら、ちゃんと申告すれば当時の内容でやってくれるらしい。そして何も言わないと何もないとか。その女の子の許容範囲はそれほど広いわけではなかったがメンズエステとしてはそれなりに楽しめた。ここ数年興奮するようなことがなかったらしく、少しのタッチで敏感に反応するのはご愛嬌かと。

たぶん細く長く、ということなのでしょうかね。今後の動向に注目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る