西船橋 AROMA CHARIS(アロマカリス) 特徴

☆2024年上半期の店舗状況

新人はよく入る。前よりセラピストが定着気味だが相変わらずパネマジ&ブス多め。

・店舗HP

https://aromacharis.com/

https://aromamadonna.com/←ミラー店(中身は全く同じ)

・アクセス

JR総武線、京葉線あるいは武蔵野線。または東京メトロ東西線の西船橋駅北口から徒歩1分。線路沿いに進むとこの店のルームが入るマンションに辿り着く。駅を降りて最初の目印となる、出玉も女性店員の外見もオワコン状態だったパチ屋は潰れマツキヨに。車の場合は少々面倒で、駅ロータリーに入ってしまうとお店側には向かえないため通り側から駅の手前で狭い路地に入る必要がある。初めての人には難易度が高め。

・部屋

1Kタイプで、エントランスでインターホンを押してロック解除とそうでない所がある。どれも築20年~であり、武蔵野線の線路脇の2ヶ所は広いが使ったなりの痛みが生じている。よく送迎車らしきものが横付けしていて、いわゆる水商売の方々の寮やデリヘルの待機所として活用されている予感あり。その他に人通りの多い駐輪場側にある別ルームがあるのだが、さらに古くて狭く入る姿を見られるのも恥ずかしいくらい。

・セラピスト

中心は20代前半で10代や20代後半がちらほら。業界未経験が他店に比べて多いが本当かは不明。顔出しセラピストのパネマジ率は極めて高く、想像のさらに上をいく別人が出てくる。また10代詐称(10代を謳っているが実は20代)の報告もあり信用ならないお店。ちなみにセラピストの称号は料金でなくバック率に関係し、月の本指名が一定数を超えると昇格するんだとか。しかも1度昇格すれば降格しない甘やかしの制度。

・衣装

お迎え時の衣装はTシャツにピンク色のフレアのミニスカートで、コースでそのまま施術の場合とベビードールに変わる2パターンが存在する。ただこのベビードール着替えが問題。客がシャワーに行ってる間に着替えるのが普通だが「シャワー後の客をマットに寝かせてから室外に」着替えに行く。セラピストによってはそこでわざともたついて、10分以上時間稼ぎをされることもある。これが店指示だとしたら最低な行為。

・紙パンツ

スタンダードとプライムで種類が異なるらしいが気にしなくてよい。メインはピンク基調のものでそれなりに緩いタイプと思われるがサイズが小さく、体型によってはかなりキツイor穿けないこともあり得る。一応大型サイズというものもあるがこれはデザインが変わり、あまり鼠径部に開放感のないものに変わってしまいオススメはしない。何というか客のことをあまり考えてない運営だなというかなりのマイナス印象。

・料金

スタンダードは有名無実化しており、プライム90分18,000円が基準。こちらだと衣装チェンジ(ベビードール)と鼠径部施術あり。ただこれはセラピスト毎に初回のみ適用のお値段で、2回目以降は高くなるためよほどタイプでもない限り裏を返すことはない。指名した場合は+1,000 円が加算。肝心の鼠径部についてはそんなに深くなく、料金としてはかなり割高。裏オプは積極的な層と頑なに断る頭の固い層と完全二極化。

・営業時間

10:00オープンで勤務があれば翌5:00まで営業。深夜帯も豊富に勤務があるのでそういう需要に応えられているのはこのお店の唯一の強み。ただ何となく思うのは深夜までいるセラピストより、22:00くらいまで勤務の女の子の方がほんの少しマシかも知れない。ただし確証は全くないため、過度な期待は禁物ではある。手前のパチンコ店で散財した方がマシと思えるくらいのお店だったが、肝心のパチ屋が消えてしまったな。

・運営

電話対応は中年男性から女性まで複数いる模様。中年男性は話し方がいかにも風俗店スタッフっぽい口調で、それなりに女性の扱いに長けた組織であることがうかがえる。メンエスに電話してああいう印象を持ったのは、かつて同じ西船橋にあったMASQUERADE ESTHE (マスカレードエステ)以来かと。地雷嬢ほど運営をベタ褒めするが、他店で元セラピストに聞くと評判はよくない。ブスを甘やかしすぎていませんか?

・歴史(年号と月は若干怪しい)

2020年の11月にオープン。最初はひっそりだったが徐々に広告などかなり目立つ存在に。前はプライムコースという名称ではなく、カリスコースって言っていた記憶が。それこそ MASQUERADE ESTHE (マスカレードエステ) とかHealing(ヒーリング)が衰退していった頃にスッと西船橋に入ってきて、今後は私たちが主役です風な雰囲気を醸し出して都内からやってきた印象。大所帯なのだろうががいいお店ではないな。

・系列店

ミラー店(同じ店を別店のように見せるやり方)としてAROMA MADONNA(アロママドンナ)が存在する。セラピスト名も一切変えず同じで、こういうのに引っかかる情弱はどのくらいいるのだろうか? また東京だと錦糸町に系列店が存在し、そちらもミラー店戦略で運営。前はそっちとセラピスト共有していたのと、そっちで真顔を晒すセラピストがいたので地雷を避ける裏ワザに使えた。だだし現在は共有してない。

・率直な評価

外見と性格、両面におけるブスに対してエロなしでメンエスやってOKというお墨付きを与えてしまった最低のお店。西船橋メンエスの信用を確実に下げた存在で、行くのは時間とお金の無駄。まあここより悪いお店はいくらでもあるが、ここを積極的に選ぶ理由も存在しない。高まる気持ちをグッと抑え、無理にアタックせず別日に他店を探すべし。パチスロに例えれば手違いでなく意図的に入れられた設定Lのようなもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る