船橋 LYNX(リンクス) 特徴

↑この人物の目はだいぶ加工されていて、実際はかなり小さいので注意

・店舗HP

https://esthe-lynx-funabashi.com/

・アクセス

JR総武線あるいは東武アーバンパークラインの船橋駅南口から徒歩5~10分。京成船橋駅からだと徒歩1~5分。ルームによってかかる時間に大きな差があるのが特徴。片方はおなじみ「伝説のすた丼」が目印で、もう片方はこれまた様々な店舗のランドマークとなってきた「セブンイレブン船橋本町4丁目店」である。車でのアクセスは近隣にある他店舗と同様、それほどいいとは言えない立地。どっちかというと徒歩向きか。

・部屋

どちらもワンルームで、駅チカの方は前にアロマテラスが入っていた所と同じ。駅から歩く方の部屋はかなり狭い1Kとなる。どちらもインターホンを押してオートロック解除。どちらも人通りが多い所から少し入った路地にあり、そういう意味では昼間でも訪問しやすいのが強みではある。ちなみに駅から遠い方のマンションのエレベーター内が特徴的で、手作り感満載のキャラが空を飛んでいる姿で壁に展示されている。

・セラピスト

20代前半~20代半ばあたりが中心、たまに10代や30代がちらほらいるイメージ。パネマジは一定数あるのだが明らかに目の大きさが実物とは異なる詐欺レベルのもいる。主力は他店で経験を積んできたセラピストや地方からの出稼ぎ、または他の夜職経験者(風俗キャバなど)も珍しくない。常に新人が増えているイメージだが、純粋な意味での新人はほとんどいない様子。稼ぎやすい店として選ばれているということ。

・衣装

通常の衣装が何であったかあまり記憶にない。というのもこのお店は衣装チェンジのオプションが2種類あり、1つはベビードールでもう1つはマイクロビキニである。大半の客はどちらかをつけることが多いと思われる。以前はノーブラTシャツなんてのもあったと記憶しているが今はどうだろう。たぶん通常の衣装はセラピスト画像の通りだと思うのだが、もし衣装チェンジなしで遊んだことのある方がいたら教えて欲しい。

・料金

基本時間が90分で17,600円、指名の場合は+1,100 円。消費税をしっかり徴収するタイプのお店だが納税はしているのだろうか。他にはいきなりリンパコースもあり。オプションはメンエスにありそうなものは全てあるが、コースによっては別料金でなく基本料金に組み込まれることも。衣装チェンジも内容によって+2,000~5,000円と少々お高めだが、なぜかここは消費税分が賦課されていない。いずれにしても安くはない。

・営業時間

HP上に具体的な記載はないが、おそらく12:00オープンでラスト4:00までという感じか。深夜営業には熱心なお店の1つなので、そういうニーズにも応えられている様子。船橋店は他の客が入っているとかでない限り穴をあけている(誰もいない)時間帯がほとんどないのが特徴。それなりにセラピスト数を抱えているからというのもあるだろうが、周囲のお店だと穴が開くことって珍しくないのでこれはこれで見事ではある。

・運営

電話対応はおじさんがほとんど。対応は丁寧だがいかにも夜職訛りがあるので、その手のプロだと思われる。オープン当初やその後も新人セラピストに入った際だと、終了後に電話アンケートしてもいいですかという変わったシステムがあったが今はどうなのだろう。着信があった頃には運転中というケースもあるし、わざわざそのために折り返しもしないだろうしなぁ… Google Formsとかにした方がいいんじゃないか?

・歴史(年号と月は若干怪しい)

2021年の11月にオープン、当時は駅から遠い方の部屋のみだったかと。初期は近隣のあれとかこれとかまだ勢いがあったので全く目立たなかった。それらが閉店または移転したこともあり、駅南口のあの辺で徐々に目立つ存在に。特に2022年の夏はあれで活躍していたセラピストが短期免許で騎乗したので、一気に知名度が上がりお店的にも潤ったのではないか。今はイギリス留学中だったか… エアライン就職できたのか?

・系列店

都内や首都圏を中心に多店舗展開しており、確か船橋と松戸が千葉エリア進出の第1歩だったかと。ただHPを見る限り都内は都内で独立していて、都内在籍のセラピストが千葉とかにヘルプで来ることはなさそうに見えるが実態はどうか。FC募集もしているので詳細を知りたければこちらへ。ちなみに都内は近年では珍しくランキングがあり、リピートや指名数はわかるが巨乳やスレンダーという変わったジャンルの集計も。

・率直な評価

良くも悪くも今の時代のメンズエステ。女の子がこのお店に集まる理由は稼ぎやすいからであり、それは衣装チェンジの価格設定もそうだが人によっては裏オプなどあるからなのだろう。同情するなら金をくれではないが、サービス欲しいなら金をくれというお店。大昔のようにできるだけ安価でたくさん楽しみたいという人には向かない。不景気でもこういうビジネスは廃れないとは言われるが、果たして続くのだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る