船橋 ねこのしっぽ 特徴

☆2024年上半期の店舗状況

あまり新人は入ってこない。系列店セラピストを派遣して凌いでいるのでは。

・店舗HP

https://nekonoshipo.net

https://esthe-nekonote.com(系列店というかおそらくこっちが大元)

https://salon-de-esthe.net(こちらも系列店なのか?)

・アクセス

JR船橋駅、京成線京成船橋駅から徒歩10分。大まかな方向としてはRERE(リリ)のルームの近く。他の場所にもルームがある可能性があるが未確認。車の場合はマンションのすぐ近くにコインパーキングが2~3あるがどれも高い。またそのうちの1つであるタイムズについては、一見通り側から入れるようで実は一方通行で進入禁止。本来は大回りする必要があるが従っていないドライバー多く、警察いたら違反キップ対象。

・部屋

典型的なワンルームで、築年数はそれほど浅くない印象。インターホンでオートロック解除してもらいエレベーターで部屋まで向かうやつ。他のメンエスがたくさん入っている印象はなく、メンエス物件かと言われるとそのイメージはあまりない。メチャクチャきれいでもなく思い出に残るレベルでボロボロということもなく、さしたる特徴のない建物と部屋でもある。アクセス的には不便だが隠れ家的にはかえって良好。

・セラピスト

20代前半~中盤あたりが中心ではないか。清楚系は少なくギャル系多めで、セラピスト画像の加工が凄まじい。顔だけでなくスタイルもHP写真とはほぼ全くの別人レベルが出てくる、と思っていた方がよい気がする。傾向としては近年流行の「神のエステ」と近いものがあり、おもてなしや技術はどうでもいいのでとにかくエロに全振りしてる感あり。よってセラピストの当たりハズレの差が非常に大きいのではないかと。

・衣装

お迎え時は上半身白ブラウスというか男性モノのワイシャツだったような。もしかしたらセラピストによっては違いがあるのかも知れない。実際は3段階に分かれている有料の衣装チェンジのオプションが存在しており、それをつけない客はほぼいないのではないかと思われる。よって通常時の施術衣装が何であるのかはわからない。まあおそらくそのまま施術で、大した密着もないまま塩対応で終わるのではないかと予想。

・料金

90分18,000円で、指名した場合は指名料がかかるシステムだがHP上には表記がない。その他60分の仰向けのみコースも存在する。公式なオプションは「猫のお着換え」だけであり、5,000円と表記されているがこれはいわゆるマイクロビキニで松竹梅の梅扱い。実際は上位互換が2つあり、トップレスが6,000円で全裸が7,000円となる。予算的な問題がなければ全裸を選択するはずであり、正直衣装などどうでもいいのである。

・紙パンツ

いわゆる横スカタイプ。色は入荷タイミングで異なる模様だが非常に快適。お店のコンセプ的にもこの紙パンツを採用していて当然と思われる。一概には言えないがこの手の紙パンツを採用しているお店は過激寄りであることが多く、その意味では期待通りと言える。ただこの手のお店にありがちなのが、結局は内容がセラピスト個人の資質によるということ。よって紙パンツだけでそのお店の期待値を測るのは危険行為。

・営業時間

HP表記だと12:00オープンで終わりは勤務があれば翌5:00まで。深夜帯についてはダミー出勤でなければそれなりに配置はしている側のお店だと思われる。余談だがHPトップの「TODAY’S SCHEDULE」機能の表記に若干の不具合があるようで、早い時間帯にチェックしようとすると前日分の予約満了表記がそのまま当日分に反映されてしまう。事前予約で埋まるセラピストがいる印象が伝わる一方で、機会損失もあるのでは?

・運営

電話対応は女性で、おそらく雇われ店長だと思われる。電話するとあまりやる気のないダルそうな対応をされることが多く、そういうのが嫌な方はLINE予約がオススメ。そもそも電話しても出ない、折り返しもないということも増えてきておりあまりいい印象はない。これも余談なのだが何となく声のトーンが「Dream Spa(ドリームスパ)」の方と似ている気がしており、HPのコスプレ推しもなんかそれっぽいんだよな。

・歴史(年号と月は若干怪しい)

公式X(急Twitter)によれば2023年の11月1日にオープン。立地的なものもあるのか船橋での知名度はそれほど高いとは言えない。後述する登戸にあるお店の支店というか、別の勤務先みたいな感じで設置されたお店なのではなかろうか。このお店に限らずここ数年で、神奈川県内で運営されていたメンズエステ店が千葉県内の津田沼や船橋に進出するケースが目立つようになった。まあ船橋もそれなりに競争は激しいけど。

・系列店

登戸にある「ねこのて」が系列店なのは間違いないと思われる。また新宿や池袋などで展開されている「Chat noir(シャノワール)」というお店も、HPのセラピスト紹介の衣装コンセプトがとても近い印象あり。セラピストによってはここと掛け持ちしているケースもあり系列店である可能性が高い。ちなみにメンエスで「ねこのて」を検索する場合、神奈川ではなく東京の「調布・千歳烏山・登戸」でセットなので注意。

・率直な評価

これが今の時代のメンズエステがたどり着いたゴールなのだろう、という印象のお店。トップレスのオプションがあるお店は少し前からちらほら出現していたが、セラピストの個人的なオプションというわけではなく半公式なものとしてついに全裸オプションが実装されるとは。施術の体勢によってはアソコが丸見えであり、遠慮なく手を伸ばす客が大半であろう。ただそういうのは別料金という話も聞くのでやはり割高。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る