津田沼のレジェンド マングローブ閉店か?

マングローブとは熱帯や亜熱帯地域の河口付近に生息する木々のことです。河口ともなると海水が混じる場所でして、通常の植物では生息が難しい環境なのですがそこはマングローブ。強く生きていけるのであります。そして千葉の津田沼駅のほど近く、誰がどう見ても怪しいボロマンションにもずっとマングローブが生息していました。ただこれってメンズエステのことなんですけどね。

オープンは2010年だか2011年だったか… まさに「老舗」と呼ぶにふさわしいお店でしたが、ここ最近は嬢の出勤がめっきり減っている。というかそもそもお店が開いている日が極端に少なくなった。ホームページそのものはまだ公開されており、日によっては女の子が勤務しているようです。でも以前ほどの盛り上がりはなくなってしまったように見えます。おそらく閉店なのでしょう。

最大限前向きにとらえたとしても、業務縮小と考えるのが適切なようです。ついにあのレジェンドも役目を終えるのですね。私がこのお店に行ったのは、それこそオープンして間もない頃だったと記憶しています。当時はまだ制服があって、それこそユニクロで買った安っぽい色気ゼロの黒ワンピース。そして付いた女の子は25歳くらいで、女性向けエステ経験者でマッサージが上手かった。

ただ真面目な内容のつもりで勤務していたらしく、手コキを求める姿にかなり戸惑いながらも結局最後までしてもらいました。でもすぐにお店辞めちゃったみたいなので、ひょっとしたらあれが原因なのかも知れません。かわいい子だったんで悪いことしたなぁと。その後お店は制服を廃し、各自の私服で施術するというスタイルに変わりました。あれ当時としては画期的だったんだよなぁ。

私服姿のセラピストが対応することで、彼女の部屋に遊びに行ったような感覚を味わう。今ではどのお店もそんなコンセプトでやるのが当たり前になっているメンズエステ。ただ昔は女の子はナース服が主流であり、どちらかというとお店に来た感が拭えないのがネックでした。それをいち早く変えていったマングローブは先を行く存在であり、選ばれうるお店として存在感を放っていました。

増税だったり他のお店が強気な価格設定をする中で、メンズエステの中では格安料金を維持していたマングローブ。それでいて安定の内容が期待できるという、庶民に優しい設定。お風呂の扉はいつまでたってもひび割れていて修理される気配はないし、どう考えてもきれいとは言えない部屋たち。いわゆるラグジュアリーとかゴージャスからは遠い世界でも支持されたのはそういうこと。

一方で衰退の原因はそこにあったと推測されます。環境が微妙であることと、そこそこ集客があっても内容の割にバックが少ないわけで。これらは働く側としては選ばれる理由になり得ない要素です。それでも在籍してくれていた人気嬢が同時期に辞めてしまい、新しく採用した女の子たちが定着しないというダブルパンチを喰らうことに。最後の方はシフト組めない状態だったのでしょう。

これまで何度か癒してもらったマングローブ、最後はあっけない感じでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る