メンズエステの歩き方④(レディースエステ編)

長年メンズエステに通ってきた経験から、セラピストがこれまでにどんな仕事をしてきたかを聞くことでその日の展開が見えてくる。つまりは楽しい展開になるのかどうかがわかるようになってきました。今の世の中、メンズエステでいい思いができることはめったにないと言われています。結局は行ってみないとわからないわけで、1度行くということはそれなりの金額を浪費することになる。

本当ならば行く前にわかるのが理想ですが、なかなかそれも難しい。それでも突撃したい勇気ある殿方のために、これは行くべきかどうかの判断材料として参考にしてもらえるといいかと。どうしても事前に知りたいなら電話番に聞いてみてもいいでしょうし、あるいは聞けないという方は、ホームページのセラピスト紹介を眺める際の参考材料にするのもあり。失敗リスクが少しは減らせます。

メンズエステを生業としている女の子は、大別するといくつかの「元○○」に分類することができます。今回テーマとするのは元レディースエステというケースです。現在並行していてもいなくてもOK、どんなに短期間であっても1度でも経験があればカウントしましょう。昔はどのお店にも1~2名いたのですが、最近は天下のアロマギルドグループでしかお目にかかれなくなっている印象あり。

メンズエステのお仕事を始めるにあたり、技術面での参入障壁が低いと言われているのがレディースエステ経験者です。マッサージの仕方や流れはだいたい把握しているので、新しく覚えることが少なくて済むという事情があるからです。そして前に触れたアパレルと同じかそれ以上にレディースエステも薄給ビジネスだと言われています。相手する女性客はシビアなので、ストレスも多いとか。

レディースエステ経験者のいいところは、それなりに指圧などの技術が高いことです。多くのお店がその時間の大半をうつ伏せで過ごすと考えると、マッサージが上手いに越したことはない。とりあえずオイルを塗りたくればいいやという適当マッサージ嬢が増えている中で、腕に覚えのあるセラピストに当たるとほんの少しですがお得な気分になります。もちろんいいことばかりではないけど。

やっかいなのは、望んでもいないのに全ての内容を真面目内容にされることがあるという点。男がメンズエステに求めるのは結局はエロいことなので齟齬が出がち。レディースエステ経験者たちはなるべくエッチなサービスはしたくない、または自分の培った技術で仕事したいという気持ちが強い人が多いイメージ。なので楽しい思いをすることはあまりなく、時には勃起すらしないこともある。

類は友を呼ぶではないけれどその手のセラピストは同じお店に集まりがち。そして「ルールを守って下さい」的なツイートまたはリツイートをセラピストが連発しがち。そういうお店はつまらない内容であることが多いので訪問を避けた方が無難です。自分たちの身を守りたいのはわかるけど、癒しを求める男性はそういう「吠えるセラピスト」ばかりのお店に行きたいとは思わないものなので。

最近のメンズエステはマッサージ技術よりも密着などドキドキ重視であり、いわゆる技術屋さん系のセラピストに対する需要は下降気味であると思います。ガチマッサージ勢は一部の人にはウケても爆発的な集客やリターンにつながらないので店側も扱いが難しい。だからどうしても勤務日数などで差をつけざるを得ず、それを不満に思ってお店を転々とするセラピストが多いような気がします。

そして転々とした先でまた被害者を生むわけです。これは需要と供給の問題や現実を受け入れるかプライドを優先するかという問題なわけですが、プライド重視の彼女らは自分のやり方がその結果を招いているとは受け止めないのでしょう。クビにするのが難しいのなら、あまり表には出さずにお店の技術講師として活躍してもらうとか裏方への配置転換が望ましいのでは? プライドも保てるし。

ただ妙に真面目なセラピストが研修官に関わったせいで、それまで客にとっていい雰囲気だったお店を壊してしまうケースもあります。それはまた別の機会にお伝えしましょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る