メンズエステの歩き方④(レディースエステ編)

長年メンズエステに通ってきた経験から、セラピストがこれまでにどんな仕事をしてきたかを聞くことでその日の展開が見えてくる。つまりは楽しい展開になるのかどうかがわかるようになってきました。今の世の中、メンズエステでいい思いができることはめったにないと言われています。結局は行ってみないとわからないわけで、1度行くということはそれなりの金額を浪費することになる。

本当ならば行く前にわかるのが理想ですが、なかなかそれも難しい。それでも突撃したい勇気ある殿方のために、これは行くべきかどうかの判断材料として参考にしてもらえるといいかと。どうしても事前に聞きたいなら電話番に聞いてみてもいいでしょうし、あるいは聞けないという方は、ホームページのセラピスト紹介を眺める際の参考材料にするのもあり。失敗リスクが少しは減らせます。

メンズエステを生業としている女の子は、大別するといくつかの「元○○」に分類することができます。今回テーマとするのは元レディースエステというケースです。現在並行していてもいなくてもOK、どんなに短期間であっても1度でも経験があればカウントしましょう。昔はどのお店にも1~2名いたのですが、最近は天下のアロマギルドグループでしかお目にかかれなくなっている印象あり。

メンズエステのお仕事を始めるにあたり、技術的に参入障壁が低いと言われているのがレディースエステ経験者です。マッサージの仕方や流れはだいたい把握しているので、新しく覚えることが少なくて済むという事情があるからです。そして前に触れたアパレルと同じかそれ以上に、レディースエステも薄給なビジネスだと言われています。相手する女性客はシビアなのでストレスも多いとか。

レディースエステ経験者のいいところと言えば、それなりに指圧などの技術が高いことです。メンズエステの本来の目的ではないとはいえ、その時間の大半をうつ伏せで過ごすことを考えるとマッサージがうまいかどうかは重要です。とりあえずオイルを塗りたくればいいやという適当マッサージ嬢が増えている中、腕に覚えのあるセラピストに当たるとほんの少しですがお得な気分になります。

ただやっかいなのは、経験があり過ぎると全ての内容を真面目なエステにされるリスクがあることです。そうなると勃起はほぼ期待できません。男がメンズエステに求めているのは結局はエロい意味での癒しなので齟齬が出がちです。なるべくエッチなサービスはしたくない、または自分の培った技術で仕事したいという気持ちが強い真面目なセラピストほどそうなる傾向が強いように思います。

そういう考え方がいかにもアロマギルド向きなので、あのお店にその手のセラピストが集まるということなのかも知れませんが。レディースエステ出身者は身体の疲れが取れたり痩身効果が期待できるとはいえ、勃起という観点だとやっぱりハズレの可能性が高い。寛容さという点でも微妙な印象です。これまでの話も踏まえると、メンズエステってハズレが多いんだなと改めて思いました(笑)

じゃあ当たりってどこにあるの? それはまた近々お伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る